Your cart
Close Alternative Icon

品質について

アルテック製品の作り方

フィンランド産木材について

アルテックの製品のほとんどはフィンランド産バーチ材を使用しています。
フィンランドは、国土の3分の2が森林で覆われ、100年以上に渡る計画的な伐採方針により、森林資源はむしろ増え、より豊かなものとなっています。
フィンランド産木材の美しさは、複数の樹種の混交林で育成する事や北欧の土に含まれるミネラル分の影響によるものです。
切り倒した木をゆっくり乾燥させることでその美しさを保ちます。
こうした木々の中からおよそ樹齢80年のものをアルテックのプロダクトに使用しています。

木製家具について

アルテックも自社工場で無駄の無い木材使用、端材は燃料にしようするなど、会社独自に森林の保全に貢献しています。
さらに木材の節や色の濃淡の出かたにより、使用する場所の選別を行っています。節や木目の出かたが少ないものは表面に、
少し出ている場合は裏側等の通常の使用の時に見えない場所、大きくでている場合は組み上げた際に隠れる場所や、カラー塗装するアイテムに使用しています。



クラフトマンシップについて

アルテック製品は手作業による一点物ではなく、工場で製造される量産品です。
とはいえ、製品の本質、そして何より素材は完全に機械によってオートメーション化された製造工程とは対極にあります。
アルテック製品は創業以来、一貫して厳しい品質基準の下、半機械化によって作られています。
つまり機会を用いながらも多くの工程は人の手による
クラフトマンシップを経て生まれるのです。
したがってそれぞれの製品を完全に均質なもににすることが可能だとも、またそれが必要だとも思っていません。
素材あるいは製造工程からくるわずかな違いは欠点ではなく、むしろおのずと生まれたアルテック製品の個性と捉えています。



レザー製品について

最も自然な仕上げのナチュラルレザーは、牛に元々あるシワやたるみ、キズ、血管、毛穴などの痕跡がそのまま自然の刻印として残っています。
これは天然皮革の特徴となっていますが、特にナチュラルレザーは表面の加工をほとんど施さない仕上げとなっており、これらの痕跡が他のレザーと比べはっきりと現れます。
それが一枚一枚の革の個性や味わいとなります。経年変化で色が変わって行くのも特徴の一つです。日光や熱での日焼けや手の油が染み込むことで色に深みが出てきます。


ファブリック/テキスタイル製品について

アルテックの全てのファブリックパターンは、規則的でありながらも手描きによる柔らかさが感じられるデザインです。

100%コットンのベース生地は、素材の特性上、生地の表面に小さな粒や不規則な織りが出ることがありますが、品質には問題ございません。

  

コットン生地

Weight 180 g/m²
Fastness to light Type 6-7
Fastness to rubbing Grade 4,5 

キャンバスコットン生地

Weight 220 g/m²
Fastness to light Type 6-7
Fastness to rubbing Grade 4,5 

セラミック製品について

アルテックのセラミック製品はポルトガルで手作業によって生産されています。
商品により小さな黒点やへこみ、塗装のムラ等がある場合がございますが、手作業による生産の証であり、品質には問題ございません。