Your cart
Close Alternative Icon
ダニエル・リーバッケン

ダニエル・リーバッケン:豊かな感性と精密な技術

ダニエル・リーバッケンは、1984年生まれ、ノルウェーのオスロで育ちました。彼はオスロのSchool of Architectureとスウェーデン、ヨーテボリのSchool of Arts & Craftsで学び、2008年に美術・芸術の修士課程を卒業後、オスロとヨーテボリに自身のデザインスタジオを設けました。ダニエル・リーバッケンの仕事は、アートインスタレーション、一点ものの製品、あらゆる製品の試作品など、まさにアートとデザインの中間に位置するものといえます。彼は自然光に対して強い興味を抱き、太陽の光が与える効果とそのイメージを再現することに注力し続けています。アルテックからは、彼にとっても初めてとなる家具シリーズ<キーラ>と、彼の長年の研究を活かした鏡のシリーズ<124°>を発表しています。