606 サイドテーブル パイミオ グレー

Aino Aalto

¥46,200

Sold out

  1. Product info

    デザイナー:アイノ・アアルト 
    年:1932

    「606 サイドテーブル」は、スチールチューブのフレームとバーチ材合板の天板で構成されています。まるで欠けはじめた満月のような形をしたフレームはコンパクトで、アームチェア、ソファ、ベッドなどのすぐ近くまで引き寄せて使うことができます。軽量で汎用性のある606サイドテーブルは、あらゆる場所やシーンに馴染みます。606サイドテーブルは、1932年、アルヴァ・アアルトとアイノ・アアルトがともに携わった、「パイミオ サナトリウム」のプロジェクトのために、アイノ・アアルトがデザインしました。当時は、靴を履き替える際に腰掛けるスツールとして使われていました。

    606 サイドテーブル パイミオ グレーは、Artek Tokyo StoreとArtek Japan公式サイトのみで、数量限定発売のArtek Tokyo 3rd Anniversary の特別製品です。

    • Materials

      素材:バーチ材合板、スチール
      原産国:フィンランド

      組み立てた状態で出荷します。


      ご購入前に素材の特徴と品質についてお読みください

    • Size and data

      サイズ:W50 D50 H45 cm 

    1. Other Variants

    2. 606 サイドテーブル

      ¥42,900

      入荷待ち

    Mood gallery

    Designer: Aino Aalto

    アイノ・アアルト:先鋭的な思想家

    建築家でありデザイナー、アイノ・アアルト(1894-1949)は、1884年にヘルシンキで生まれました。1920年にヘルシンキ工科大学を卒業した後、当時ヘルシンキの建築界で名門と謳われていたオイヴァ・カッリオの事務所に勤めます。1923年より建築家としてアルヴァ・アアルトの建築事務所に勤め、それから長い年月、彼とともに同事務所を率いながら、アルテックの創業と発展に主導的な役割を果たしました。彼らの関わった多くの建築やプロダクトは、歴...

    詳しく見る