5,000円以上のお買い物でアルテックガチャをプレゼント!

2nd Cycle トホランピ チェア No.2

Ilmari Tapiovaara

¥143,000

Sold out

  1. Product info

    デザイナー:イルマリ・タピオヴァーラ 
    年:1966

    2006年、アルテックは2nd Cycle(セカンド サイクル)という、長年使われてきた家具を探し出し、買い取る試みを始めました。2021年秋、イルマリ・タピオヴァーラの2nd Cycle製品が海を渡り、初めてArtek Webstoreへ入荷しました。アルテックは、2010年よりイルマリ・タピオヴァーラのデザインを復刻製造しています。現行製品とともに、現在は復刻製造されていない希少な製品もヘルシンキのArtek 2nd Cycleストアから直接取り寄せました。

    「2nd Cycle トホランピ チェア」は、「ピルッカ チェア」と同様に二枚のパイン材を使った座面の隙間を中心に、完全に左右対称となるシルエットが美しい一脚です。波のようにカーブを描く笠木と6本のスポークからなる背もたれは、イギリスの伝統的な木製椅子であるウィンザーチェアを思わせます。現在まで復刻製造されておらず、ヴィンテージ市場の中でも数少ない貴重なチェアです。座面裏には Laukaan puu(ラウカーンプ―)社のバックスタンプが確認できます。

    • Materials

      素材:バーチ材、パイン材
      原産国:フィンランド
      製造:1960 年代

      組み立てた状態で出荷します。
      こちらは1点のみの商品です。

      ご購入前に素材の特徴と品質についてお読みください。

    • Size and data

      サイズ:W47 D53 H84 SH41 cm

    Designer: Ilmari Tapiovaara

    イルマリ・タピオヴァーラ:アアルトの精神を受け継ぐフィンランドデザインの巨匠

    フィンランドのハメーンリンナに生まれ、ヘルシンキの大学ではアートと家具デザインを専攻したイルマリ・タピオヴァーラ(1914 - 1999)。パリでル・コルビュジエの事務所に務め、1938年、彼はヘルシンキの北にあるラハティの大手家具メーカーのアートディレクターに就任します。戦争後、人々のより良い暮らしのために、タピオヴァーラは量産可能な家具の開発に注力するようになり、1946年に妻アンニッ...

    詳しく見る