Your cart
Close Alternative Icon
Close Icon

ヨーン・ウッツォン

ヨーン・ウッツォン
ヨーン・ウッツォン(1918 – 2008)は、シドニーのオペラハウスを設計したことで知られ、北欧モダンを代表する世界的な建築家でありデザイナーです。デンマーク、コペンハーゲンに生まれたウッツォンは、1942年Royal Danish Academy of Fine Arts芸術学部建築学部を卒業した後、スウェーデン、ストックホルムの建築家グンナール・アスプルンドのもとで働きました。1946年、アルヴァ・アアルトの事務所で働き、アアルトの機能主義とモダニズムをもとにしたシンプルで美しいデザインに深く共感をし、強い影響を受け、1948年に「U336 ペンダント」をデザインしました。そして、1950年代に入ると、コペンハーゲンに戻り自身の事務所を構え世界中の建築物の設計に携わりました。ヨーン・ウツォンの手掛けた建築と照明器具の中にはアルヴァ・アアルトの哲学、技術、フォルムが受け継がれ、確かに息づいています。