Your cart
Close Alternative Icon

北欧の豊かなダイニング - Nordic Dining at Home

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

Better things for everyday life 
より良いものを毎日の暮らしに

Better things for everyday life - 「より良いものを毎日の暮らしに」という言葉は、アルヴァ・アアルトとも親しい友人であったスウェーデンの美術史家、グレーゴル・ポールソンがマニフェストとして提唱しました。フィンランドをはじめ北欧の暮らしに対する考え方を表現した言葉です。アルテックもまた創業時より、同じ価値観を共有し、日々の暮らしをより良く、豊かにする、タイムレスなデザインを追求し続けてきました。

 家族と囲む温かな食卓、初夏の窓辺で一人ゆっくりとティータイム。いつでもダイニングは暮らしの中心にあります。日常生活における機能性と実用性に即したデザイン、刻々と変化する太陽の光を感じ、瑞々しいお花やグリーンをテーブルに、季節の食事や行事を楽しむ。北欧の豊かなダイニングは、少しの気づきや工夫で実践できることばかりです。

Nordic dining at home
北欧の豊かなダイニング

フィンランドでは夏至祭を迎える6月。Artek WebstoreとArtek Tokyo Storeでは、イッタラやアルテックのベースに合わせた季節のお花をお届けするFlower set、そして、お好きなトレーとともにテーブルコーディネートを楽しむTable set、2つのギフトプロモーションをご用意しました。おうち時間 を楽しく過ごしたい今、北欧の豊かなダイニングの考え方やすぐに取り入れることができる小さな工夫やレシピをお届けします。

- Flower set -
日々の暮らしのパートナー
植物やお花の選び方・生け方

Better things for everyday life - 「より良いものを毎日の暮らしに」。同じ価値観を共有するフィンランドのライフスタイルブランド、イッタラ。1881年に設立されたイッタラは、機能的かつ美しい、先鋭的なノルディックデザイン製品を今も生産し続けています。Artek Webstoreではイッタラの新作「ナップラ」と「ミランダ」、そして、イッタラの2020年のテーマカラーであるリネンを初め、ナチュラルなカラーセレクションのベースをNordic Dining at Home 期間のみ取り扱います。

Marketing Manager for Iittala and Arabia, Japanのユハさんに、私たちの日々の暮らしに豊かさを添えてくれる植物やお花、その取り入れ方について、お話をうかがいました。

 

あなたの日々の暮らしにとって植物やお花とはどういう存在ですか?

私はいつでも家で植物に囲まれて暮らしています。東京の真ん中で暮らす私にとって、家の中に青々と茂る植物達が心のよりどころであり、自然とのつながりを感じさせてくれる存在です。切り花を生ける素晴らしさを知ったのは数年前、友人が主催するフラワーアレンジメントのワークショップに参加した時でした。

イッタラのベースで、あなたの一番のお気に入りは何ですか?その理由も教えてください。

アアルトベースが好きです。アアルトベースはそれ自体が時代を超えたアート作品であるとともに、花を美しく見せてくれます。一輪をシンプルに生けても、豪華な花束を生けても、どちらもそれぞれの美しさを引き立てます。一番のお気に入りは、高さ220mmのモスグリーンのアアルトベース。来週は別の気分かもしれません。でもやっぱりグリーンかな。フィンランドにもたくさんのヴィンテージのベースを持っていますが、思い返してみるとすべてグリーン系でした。(びっくり!)私が好きな色は何か、もうばれてしまいましたよね😉

イッタラのベースに合う植物やお花、生け方のこつがあれば教えてください。

あなたを元気に、幸せにしてくれる植物やお花を選びましょう。流行や人のおすすめはこの際無視して。日本は、季節のお花の選択肢が多彩でとても楽しく刺激的ですね。私にとって、あらかじめこの花にしようと決めておくことはとても難しいです。お花屋さんに足を運ぶと、時に、キャンディストアで悩む子供のようになってしまいます。すっきりとスタイリッシュな花束を選ぶこともありますが、さまざまな種類や色、時には全く対照的な色同士を組み合わせた豊かでワイルドな印象の花束を選ぶことが多いです。自然の野の「花畑」のような花束はまるで人生そのものです。その瞬間のあらゆる美しさを発見することができ、新鮮な驚きに満ちています。


あぁ!実際に生けるときのコツでしたよね。私はお花屋さんで、いつもできるだけ茎を切らず、そのままの長さで持ち帰らせてもらえるようお願いしています。家にあるフラワーベースの高さに合わせて自分で剪定し、アレンジするのはとても楽しいひと時です。こつは真剣に悩みすぎないこと。すぐに、あなただけのスタイルのフラワーアレンジを生み出す名人になれますよ。重要なのは楽しむこと、それだけです!



Flower setは、アルテックのテーブル、チェア、スツール、ベンチのいずれかと、アルテックまたはイッタラのフラワーベースをセットでご購入いただくと、ベースに合わせた季節のお花をお届けします。お花は、表参道にお店を構え、「花をひとつのプロダクトと考え、もっと自由に、もっと遊び心を」というアルテックとも近しい価値観でお花を提案するThe little shop of flowersにご協力いただきました。

- Table set -
シンプルで素朴
フィンランドのサーモンスープ

特別な食材を使わなくても作れる、温かく優しいサーモンスープは、フィンランドで一般的な郷土料理です。フィンランド語で "Lohikeitto" (ロヒケイット)。お家にある食材を使い、素材ならではの味を活かして簡単に作ることができます。それが実は何よりも贅沢な食事、贅沢な時間かもしれません。レシピの一例をご紹介します。

Lohikeitto
フィンランドのサーモンスープ
2人分 / 所要時間30分
材料:
バター 25g
長葱 1本
フィッシュブイヨン 625ml (出汁で代用可)
ニンジン 1本
ジャガイモ 2 - 3個
鮭 250g
生クリーム 125ml (牛乳とクリーム半々でも)
ディル
塩、コショウ少々

 

作り方:
1. 鮭の皮と骨を取り、一口大に切る。
2. じゃがいも、ニンジン、小葱、ディルをお好きな大きさに切る。
3. バターを鍋で溶かし、長葱が透明になるまで弱火で炒める(7分)
4. じゃがいも、ニンジンを加えて軽く炒める
5. ブイヨン(または出汁)を加え、じゃがいも、ニンジンを適度に煮込む(10分)
6. 鮭、クリームを加え、弱火で煮込む(じゃがいもが柔らかくなるまで5-10分)
7. 火を止め、ディルをたっぷり入れ、塩、コショウで味を調える
8. 蓋をして10分寝かせて完成

主役にもなるサーモンスープ、ぜひお試しあれ。



アルテックのマニフェストには、日常生活をより良いものにしていくための重要な要素としてテキスタイルが挙げられています。「シエナ」や「リヴィ」など、アルテックの代表的なモチーフをダイニングに気軽に取り入れることができるトレーが一枚あるだけで、その日の食卓が華やぎます。Nordic Dining at Home 期間中にテーブルをご購入いただくと、お好きなテキスタイル、サイズ、カラーのトレーをプレゼントするTable setをご用意しました。さらにテーブルとフラワーベースを一緒にご購入いただくとトレーとともにFlower setのお花の両方をプレゼント!

ご自宅のインテリアや気分に合わせて
テーブルコーディネートをお楽しみください。皆さまの家で過ごす時間が楽しく豊かに彩られる6月になりますように。

Nordic Dining at Home
北欧の豊かなダイニング

6月1日(月) 11:00 - 30日(火) 20:00(終了しました)

1.Flower set
対象家具+フラワーベースをセットでご購入で、フラワーベースに合わせたThe little shop of flowersのお花をプレゼント
※対象家具 スツール/チェア/ベンチ/テーブル


コレクションページはこちらから

2.Table set
テーブルをご購入で、お好きなトレーを1枚プレゼント
※テーブル+フラワーベースをご購入で、トレー+お花をプレゼント

コレクションページはこちらから