Your cart
Close Alternative Icon
WEBSTOREは最短7日でお届けが可能です。 WEBSTOREは最短7日でお届けが可能です。
Close Icon

アルヴァ・アアルトの想いと積み重なる歴史、鮮やかなグラフィック ー Alvar Aalto Art Posters

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

アアルト建築と展覧会
グラフィックの歴史をたどる
アルヴァ・アアルト アートポスター



神は建築の設計図を描くために紙を作った。少なくとも私はそれ以外に紙の有意義な使い方を知らない ー アルヴァ・アアルト、1958年

アルヴァ・アアルト財団の所蔵品から
オリジナルサイズで初の複製と製品化

「アルヴァ・アアルト アートポスター」シリーズは、フィンランド国内外で開催された、アルヴァ・アアルトの建築にまつわる展覧会のポスターをオリジナルのサイズで複製したシリーズです。アルヴァ・アアルト財団の所蔵品から厳選され、1960年代から1990年代までの主要な建築展を幅広く網羅しています。これらのポスターの初版発行部数はすでに終了していましたが、2020年初めてアルヴァ・アアルトミュージアムに所蔵されているオリジナルプリントから複製されました。

  

  

数々の印象的なデザインのこのポスターシリーズは、アルヴァ・アアルト(1898-1976)の生涯の建築作品にまつわる展覧会のほんの一部ではありますが、ポスターのグラフィックが40年に近い年月の中でどのように移り変わり、発展していったかを垣間見ることができます。当時の時代背景やグラフィックに対する価値観を感じることができるこのシリーズは、研究家やコレクターにとって貴重なアイテムです。

 

ポスター PALAZZO STROZZI
赤いチョークで描かれた
アアルトスタジオ

「この中でもとりわけ秀逸なのは、1965年にイタリアのフィレンツェで開催された”Alvar Aalto Palazzo Strozzi”のポスターです。アルヴァ・アアルトが赤いチョークで描いた、アアルトスタジオの有機的に湾曲した壁のスケッチがメインビジュアルとして使われています」 ー トンミ・リンド (アルヴァ・アアルト財団ディレクター)

「ポスター PALAZZO STROZZI」は、展覧会”Alvar Aalto Palazzo Strozzi”のポスターを復刻したポスターです。”Alvar Aalto Palazzo Strozzi”は、1965年から66年にかけてイタリアのフィレンツェで開催された、アルヴァ・アアルトの建築とデザインに焦点をあてた展覧会です。会場となったPalazzo Strozzi(ストロッツィ宮殿)は、ルネッサンス時代の歴史ある建物で、アルヴァ・アアルトはこの建物をとても愛していました。赤いチョークで描かれたスケッチは、1954年から1955年に完成したアアルトスタジオの有機的に湾曲した壁を表現しています。このスケッチは展覧会ポスターのために特別に描き下ろされたものと言われています。

ポスター ATENEUM
ヴィープリの図書館を描いた
アアルトの建築家50周年の回顧展

1967年、ヘルシンキのアテネウム美術館にて開催されたアルヴァ・アアルトの建築家としての50年のキャリアを祝う回顧展のポスターです。この展覧会は、1965年から66年にイタリアのフィレンツェで開催された、”Alvar Aalto Palazzo Strozzi”の展覧会をもとに再構成したものです。アルヴァ・アアルトが手掛けた初期の名作建築であるヴィープの図書館の有機的な天井のフォルムが描かれ、2サイズで展開します。

 

ポスター ECOLE DES BEAUX-ARTS
ブレーメンの
アアルト建築
”Neue Vahr”の平面図 



展覧会 “Alvar Aalto Architecture et design”のポスターには、ドイツのブレーメンに位置する、アルヴァ・アアルト設計のアパートメント”Neue Vahr” (1958–62)の平面図が採用されました。この展覧会は、1988年、アルヴァ・アアルトの生誕90周年を記念した展覧会で、パリのEcole des Beaux-Artsが主催、フィンランド建築博物館が構成を担当しました。「ポスター ECOLE DES BEAUX-ARTS」はカラーとホワイト2色のバリエーションがあります。ポスターデザインは、アアルトオフィスで長年勤務した建築家カールロ・レッパネン(Kaarlo Leppänen)が手掛けました。

ポスター SKETCHES
アルヴァ・アアルトの描く
ヘルシンキ都市計画のスケッチ

「ポスターSKETCHES」は、1973年、アアルトスタジオの協力によりフィンランド建築博物館で開催された”Alvar Aalto Sketches”という展覧会用のポスターです。ポスターのモチーフは、1960年代から70年代、アアルトが手掛けたヘルシンキ市の都市計画のスケッチです。アアルトのヘルシンキ都市計画の中で実際に建てられたのは、トーロ湾周辺のフィンランディアホールののみでした。

 



これらのポスターはアルヴァ・アアルトだけでなく、彼に強く影響を受けたその他のグラフィックアーティストたちの記録でもあります。例えば、アアルトスタジオで建築家として働いていた建築家のカールロ・レッパネンやフェデリコ・マルコーニ(Federico Marconi)、そしてハンネレ・グロンルンド(Hannele Grönlund)などがデザインを手掛けました。

「アルヴァ・アアルト アートポスター」シリーズは、アルヴァ・アアルト財団が運営するオンラインAlvar Aalto Shopや、ユヴァスキュラにあるアルヴァ・アアルトミュージアムのミュージアムショップ、ヘルシンキと東京のアルテックの旗艦店で取り扱っています。鮮やかなグラフィックのアートポスターは、アアルトの想いと積み重なる歴史を日本の暮らしに添えてくれます。

 

アルヴァ・アアルト アートポスター シリーズ