Your cart
Close Alternative Icon

「カラリン」シリーズ ー 建築家、長坂常の想いを映し出す鮮やかな色彩の木目

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

長坂常とのコラボレーションによる
「カラリン」シリーズ

アルテックの「FIN/JPNフレンドシップ コレクション」のひとつとして発表された「カラリン」シリーズは、長坂常が試みてきた長年の挑戦が実を結んだ製品シリーズです。長坂常は、東京を拠点にした建築設計事務所「スキーマ建築計画」を主催する建築家でありデザイナーです。彼の手掛けるプロジェクトは、建築、大規模なインスタレーション、インタラクティブな環境設計、そして家具やプロダクトデザインまで多岐に及びます。彼は、日本古来から今も尚用いられる表面仕上げである「浮造(うづくり)」と漆塗りの技術「津軽塗り」を掛け合わせ、カラリンという独自の方法を編み出しました。

「浮造」と「津軽塗り」から生まれる
絡み合う色彩と美しい木目

カラリンシリーズは、表面に木質が比較的柔らかいパイン材突き板を使用しています。まず、木目の柔らかい部分をブラシで削ることにより木目の固い部分を残す浮造り仕上げを施します。あえて表面を不均一に、木目の凹凸がさらに強調されるよう仕上げることで、陰影と豊かな表情が生まれます。その後、津軽塗りの方法を応用し、2色のラッカー塗装を順番に重ねて乾かし、最終的に表面を研磨していきます。その過程を経ることにより、自然の木目にふたつの色が浮かび上がり、まるで地形図のような有機的な曲線を描く模様が現れるのです。

 

「日本とフィンランド、どちらも寡黙で穏やかな国民性ですね。どちらの国も、自然を愛し、伝統を尊び、さらに、その2つが日々の暮らしに深く結びついています。それ故、自然素材と伝統技術への同じ価値観を製品に反映していけると思いました。」 ー 長坂常

工芸品やアート作品ではなく
プロダクトとして

カラリンシリーズには、アルテックのスタンダードコレクションより、「スツール 60」、「153 ベンチ」、「901 ティートロリー」がラインナップされています。アルテックは、伝統技術から編み出されたこの革新的な手法を、機械と手作業双方を用いた量産可能な生産方法に落とし込みました。工芸品やアート作品ではなく、プロダクトとして量産可能になったカラリンシリーズは、広く世界へと届けられることになりました。

フィンランドの工場で生産されるカラリンシリーズ。機械を用いることで世界に販売できる数の大量生産が可能になりました。アルテックの他の製品と同様、素材の選抜や仕上げには今でも熟練した職人の手作業により行われています。

  

さらに詳しいストーリーはこちら

「アルテックともに、ようやく『カラリン』シリーズを製品化することができました。私達は、プリントやアートピースではなく、プロダクトとして『カラリン』シリーズを、世界中の人々の暮らしに届けたいとずっと願っていました。」ー 長坂常  

FIN/JPNフレンドシップ コレクション

2019年、日本とフィンランドは外交関係樹立100周年を迎えます。豊かな自然、本質への探求、静寂を愛する心 ― 100年の年月の中、遠く離れた2つの国は、共通する価値観を感じ、互いに尊敬と親愛を育んできました。アルテックは、まるでソウルメイトのように価値観を共有する両国のための「FIN/JPNフレンドシップ コレクション」を発表しました。FIN/JPNフレンドシップコレクションは、両国に古くから伝わる伝統技術と現代における最新のデザインを融合した製品のシリーズです。  

FIN/JPN フレンドシップ コレクションについてさらに詳しくはこちら

製品を見る

 

デザイナー:アルヴァ・アアルト

特別モデル:長坂常、2019