Your cart
Close Alternative Icon
Close Icon

アアルト建築から紡がれるテキスタイル「シエナ」

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

アアルト夫妻が愛したイタリア
シエナ市の大聖堂から生まれた
テキスタイル「シエナ」



アルヴァ・アアルトは、イタリアとりわけトスカーナ地方の美しい風景や中世の香りを残す都市や建築をこよなく愛したと言われています。1924年、アルヴァ・アアルトと妻のアイノ・アアルトは、新婚旅行で初めてイタリアの地を踏みました。すっかりイタリアの虜になったアアルト夫妻は、それからアイノ・アアルトが亡くなる前年の1948年まで、幾度となくイタリアを訪れました。最後に夫婦で出掛けたイタリア旅行から6年後の1954年、アルヴァ・アアルトは、グラフィカルで規則的なテキスタイルパターン、シエナをデザインしました。シエナ市、ドゥオモ広場の大聖堂の建築とその壁に用いられる白と黒の大理石から着想を得て描かれたと言われています。



アアルト夫妻は、空間を美しく彩るテキスタイルは、人々の日常をより良いもの にする大切な要素として考えていました。シエナは、アアルトが手掛ける建築のインテリアにたびたび 登場し、現在まで、アルテックのコレクションの定番として愛され続けています。アルテックは、い つの時代も暮らしを彩るテキスタイルとして、時代に合わせたさまざまなカラーバリエーションを展開してきました。

アアルト建築から紡がれる
3つの新たなカラー
復活する「シャドー シエナ」



2021年春、シエナに3つの新色が加わります。アルヴァ・アアルトの建築から要素を抽出し、テキスタイルに落とし込んだ3つのカラーです。その中には、かつて「シャドー シエナ」の愛称で親しまれたパターンも、しばらくの製造休止期間を経て復活しています。シャドーシエナは、異なる色のシエナが影のように重なり合います。ファブリック、ポーチの他、クッションカバー、バッグ、トレーなどを展開します。



  

ブリック / サンド シャドー
「ブリック / サンド シャドー」は、アルヴァ・アアルトが手掛けた、ムーラッツァロ島の実験住宅と呼ばれる夏の家や、マサチューセッツ工科大学内ベーカーハウス学生寮などに使われた、アアルトが好んだ素材である赤レンガを表現しています。


  

グレー / ライト グレー シャドー
「グレー / ライト グレー シャドー」は、アルヴァ・アアルトの多産なキャリアの中でも比較的後期の作品に好んで使われた大理石をイメージしたカラーです。大理石を用いたアアルト建築として、ヘルシンキのフィンランディアホールや国民年金局、ラウタタロのオフィスビルなどが挙げられます。 



サンド / ホワイト
「サンド / ホワイト」の色合いは、彼が建築や家具をデザインする際に好んだ木やラフィア素材の生地など、自然素材ならではの味わい深さを想起させます。

春の新生活を彩る
シエナファブリック
カーテンやDIYで毎日を楽しく

シエナのファブリックやインテリア小物は、暮らしや家のインテリアに機能性と彩りをもたらします。クッションやテーブルクロスは美しく表面を覆い、カーテンはまぶしさを柔らげ、空間を仕切りながらも部屋を優しい雰囲気で包みます。ファブリックや布地を使った小物を取り入れること、それは、私たちが視覚的、感覚的に、安らぎや落ち着きを感じるインテリアに変えたいと感じた場合のもっともシンプルで簡単な方法です。

コレクションページを見る



2021年春、Artek Tokyo StoreとArtek Webstoreでは、暮らしに楽しくファブリックを取り入れるDIYやカーテンなどを提案します。また3月20日(土)より、東京を拠点とし、質にこだわったものづくりを続けるブランド、ポスタルコ(Postalco)とともに、
シエナの新色ファブリックと定番のホワイト/ブラックで作った特別な製品「スナップパッド フォー アルテック(Snap Pad for Artek」を発売、同日よりポスタルコのPop UpをArtek Tokyo StoreとArtek Webstoreにて開催します。お楽しみに!

Postalco Pop Up at Artek Tokyo

Snap Pad for Artek 発売
3/20 - 4/26

コレクションページを見る