Your cart
Close Alternative Icon
WEBSTOREは最短7日でお届けが可能です。 WEBSTOREは最短7日でお届けが可能です。
Close Icon

「キウル ベンチ」広大な自然にその身を委ねて

Arrow Thin Left Icon Arrow Thin Right Icon

日本の空間・プロダクトデザイナー
二俣公一が表現する
フィンランドと日本の繋がり

「キウル ベンチ」は、2019年4月、ミラノデザインウィークにて、フィンランドと日本の外交樹立100周年を祝うアルテックの「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」のひとつとして発表されました。手掛けたのは、日本の空間・プロダクトデザイナーである二俣公一。彼は、福岡と東京を拠点に空間設計を軸とする「ケース・リアル」とプロダクトデザインに特化する「二俣スタジオ」の主宰であり、機能と造形の関係性を追求しながら、新しいプロダクトの原型を創造する方法を模索し続ています。

広大な自然にその身を委ねる
サウナと温泉
共通する公衆浴場の文化

「キウル」はフィンランド語で「桶」を意味する 言葉です。広大な自然にその身を委ねて、体や心を清めるサウナと温泉、そして、第三者とのコミュニケーションを生む公衆浴場の文化に見る両国の繋がりがデザインの出発点となりました。

 

「日本の伝統的な桶とフィンランドのキウル、木から生み出される柔らかな丸いフォルムからは、両国の文化が大切にする「温かさ」を感じました。その「温かさ」とは、広大な自然にその身を委ね、さらに自然を自らの暮らしに取り入れることで、自然とともに生きるという、両国共通の価値観でもあります。広大な自然と文化、歴史を背景に、デザインと機能性を兼ね備えた製品を作りたいと考えました。」 ー 二俣公一

 

日々の暮らしにおける
機能性とデザインの追求

二俣公一の素材と細部へのこだわりを反映したキウルベンチは、腰掛けるベンチとしてだけでなく、両端の桶を思わせる篭の中には暮らしにまつわるあらゆる物を収納することができます。タオルや化粧品、雑誌、おもちゃ、スリッパや傘など、その使い方は無限に想像できます。空間や用途に合わせ、大小2サイズ、ナチュラル、ブラック、ブライトレッドの3色で展開します。

  

  

フィンランドの工場で生産され
世界の暮らしへ

フィンランドのラハティ市にある工場で生産されるキウルベンチは、「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」のひとつであるとともに、アルテックのスタンダードコレクションとして、世界の暮らしへと届けられます。 

FIN/JPNフレンドシップ コレクション

2019年、日本とフィンランドは外交関係樹立100周年を迎えます。豊かな自然、本質への探求、静寂を愛する心 ― 100年の年月の中、遠く離れた2つの国は、共通する価値観を感じ、互いに尊敬と親愛を育んできました。アルテックは、まるでソウルメイトのように価値観を共有する両国のための「FIN/JPNフレンドシップ コレクション」を発表しました。FIN/JPNフレンドシップコレクションは、両国に古くから伝わる伝統技術と現代における最新のデザインを融合した製品のシリーズです。  

FIN/JPN フレンドシップ コレクションについてさらに詳しくはこちら

製品を見る

 

キウルベンチ
デザイナー: 二俣公一 
年:2019